本来の東洋医学による鍼灸施術 2013年09月
FC2ブログ

即効性のある鍼灸を目指しています

image225.gif
※鍼灸の適応(WHO)
即効性のある施術を目標にしています
西洋医学で効果がみられない症状にも、対応しています

「はり・きゅうは段々に効いてくる」という情報が出回っていますが、何度も通わないと楽にならないのであれば、それは本来の姿とはいえません。施術が功を奏した場合は、24~48時間以内に良くなって不思議はないはずです。

WEBで探すと、東洋医学的アプローチを謳う所が多々、散見されます。しかし、その中身をみると、多くの場合において西洋医学的な内容になっており、それが東洋医学であるかのような言い回しが採られています。それらはもはや、本来の東洋医学とはいえないのではないでしょうか。西洋医学的な理論の上に、少し東洋的な考え方をプラスして、”東洋医学”と謳っているようにも見えます。

元々の東西両医学のベストマッチとは、東洋医学と西洋医学をゴチャマゼにして、半端な施術をすることを指しません。強そうな相撲取りがドッシリと立ちはだかっている時、正面から全力で押しても微動だにしないのなら(西洋医学的アプローチ)、今度は考え方を変えて、後ろ(東洋医学的アプローチ)から押す方が、ぐらつかせる可能性は高くなります。そしてこれらの働きかけは、それぞれの施術法を探究している職人であるほど、良い効果を出せる確率は高まります。
ラクチン
当方に施術を受けに来るお客さまは、西洋医学的アプローチ→漢方や他の療法→改善しなくて鍼灸・・・という方も多く見られます。つまり、西洋医学的アプローチを受けても楽にならずに、しようがなく東洋医学的アプローチに救いを求めて来る訳です。このような方々に、同じ方向(西洋医学的方向)から施術を行っても、良い効果が出る可能性は低いと思われます。見方を反対にして、東洋医学的方向から施術を行ってこそ、奏功する可能性があると考えます。当方では、望・聞・問・切診の総合的分析による体質特定を元に、東洋医学的アプローチを用いて改善することを目標にしています。
image325.gif
※自動車・バイクは駐車できません。コインパーキングなどをお探し下さい

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

紹介

東洋医学専門 長嶋鍼灸室

Author:東洋医学専門 長嶋鍼灸室
・西洋医学で改善しない症状を歓迎しています
・鍼灸専門(マッサージや整体は行っておりません)

サイトマップ
コメント